産学連携やってます

2014年8月11日月曜日 hashimoto

はじめまして。hashimotoです。
最初だし、なに書こうかなと思ったのですが、
担当業務が駅すぱあとWebサービスなので、駅すぱあとWebサービスのことを
ざっくり知ってもらうのにちょうどいい話があったのでそれを書きます。

先日、母校の都内某専門学校にて、産学連携授業を行ってきました。
産学連携の科目は卒業制作です。



今後、学生さんによって作成された設計書の評価・アドバイス、システム開発の中間評価、
完成したシステムの最終評価、と続きます。今回はそれに先立ち、事前準備授業として、

 第1部 ソフトウェア開発考現学
 第2部 開発現場の最新技術 〜駅すぱあとWebサービス〜

という2本だてで講義を行いました。

メインの第1部は部長が担当し、私は第2部をちょろっとお話ししただけなので大したことしてないんですけどね(小声)

というわけで本当はメインの第1部の話をした方がいいのですが、自分が話したわけでもないのに
ドヤ感満載でソフトウェア開発とは、みたいな話を書くのもなんなので、
私が第2部でお話しした駅すぱあとWebサービスの宣伝もとい開発現場の今についてちょっとだけ
ご紹介したいと思います。

駅すぱあとWebサービスとは

以前ならパソコンのバンドル版駅すぱあとを使っていたなんて方もいらっしゃるかと思いますが、
お若い方は駅すぱあとをご存知ないかもしれないので駅すぱあとってなにっていう話から。



そんな駅すぱあとの多様な機能をAPIとして提供しているのが駅すぱあとWebサービスです。
経路探索、駅情報、路線図など色々あります。
リクエストを作って駅すぱあとWebサービスに投げる
 ↓
返ってきたデータを使ってWebサイトやアプリを構築する
 ↓
それをエンドユーザに公開する
ここまでのフローを簡単にご説明しました。
http://webservice.ekispert.com/

駅すぱあとWebサービスを支える技術

第2部は平たく言っちゃうと駅すぱあとWebサービスの宣伝なのですが、それだけだと授業にはならないので、
開発現場で今(のところ)使われている技術やツールについてご紹介しました。

実は昨年も産学連携を行っているのですが、その日にレビューがあるとわかっていたはずなのに
「さっきまで動いてたんですが...ちょっとバグで今画面は出ないんですけど」
みたいなことが多々ありました。
私も学生の頃はバージョン管理とか考えもしなかったです。
今となってはGitやGitHubなしで複数人での開発をやる方が白目むきそうですけど。

学校の卒業制作で取り入れるには色々と壁はあるかと思いますが、エンジニアとして会社に入ったら
きっと触れることになると思いますよくらいのかんじでお話ししました。



導入事例

社内での駅すぱあとWebサービスの導入事例として、
駅すぱあとのポータルサイト Roote(ルウト)
 パソコンやスマートフォンのブラウザから経路検索や時刻表、運行情報など無料で利用できます。
 無料で、利用できます。(2回目)
 http://roote.ekispert.net/




社外での駅すぱあとWebサービスの導入事例として、
株式会社モバイルファクトリー様 駅奪取PLUS
 駅すぱあとがゲームで使われているというちょっと珍しい事例です。

APIを使う

駅すぱあとWebサービス、無償版あるよ!みなさんも使えるよ!っていう宣伝。
無償版の経路探索は、探索結果が上でご紹介したRooteの結果画面のURLとして返ってきます。
画面を作る必要はなく、リダイレクトすればいいだけなので簡単にご利用いただけるのです。
http://webservice.ekispert.com/free_provision/

卒業制作で駅すぱあとWebサービスを使ってくれたら万々歳ですがそこまでは厳しいかなあというかんじです。
でも無償版のお客様は、企業様だけでなく個人の開発者の方もいらっしゃって、中には学生さんもいるのです。
使ってくれないかなー

以上です。当日講義をしたのはヴァルだけですが、今後のフェーズでは他社さんも参加されるので
打ち合わせや懇親会もありました。全員卒業生です。各年代の先輩方から当時の話や他社さんの取り組みなど、
色々なお話が聴けました。ふむふむ。
部長から私へのダメ出しもあり、そこに学生時代からお世話になっている先生や他社さんも加わり、
私にとっては大変耳が痛うございましたが、とても勉強になりました!

参加される企業のみなさんから、母校の発展のために少しでも役に立ちたいという思いが伝わってきました。
私も微力ではありますが、少しでもお役に立てるよう意見出しやアドバイスなどがんばります!